知的財産活動の効果の実感が得られないのはなぜ?

悩み小.jpg 

知財活動への取り組みを本格化させている企業も多い一方で、知財活動の効果を実感できず、知財活動が定着しない企業も多くあるようです。

 

これはなぜでしょう? 

 

一つの原因は、リスクの低減の目的と、機会の最大化の目的とを混同してしまっているからではないでしょうか。

 

  多くの中小企業からの出願のご依頼の際、多くの場合に出願を考えた動機として挙げられるのが、開発した技術や使用している商標を模倣されたくない、盗用されたくないといった理由です。

 

 しかし、こうした理由は、リスクの低減が目的であり、特許権等の知的財産権を取得できたとしても、何も起こらないことが効果ですから、効果を実感しにくいのは当然といえば当然です。

 

 実感しやすい効果を得たいのであれば、機会の最大化を目的として考える必要があるのです。

 

(知的財産活動に力を入れている企業などには、過去に知的財産で痛い目に合ったことがあるところも多く、痛い目にあったからこそ、何も起こらなかったことも効果として捉えることができ、知財活動の継続のモチベーションとなっている場合もあります。)

 

 

お役立ち情報

トップページへ