特許と特許権が持つ力

  

 特許とは、正確には特許権を意味し、発明に関する出願のうち特許庁の審査により一定の要件を満たと判断されたものが登録されることにより生じた権利のことです。

 特許権を取得した者(以下では、特許権者と呼びます)は特許発明を独占排他的に実施することができるようになり、特許権者以外の者は特許権者に無断でその発明を実施することができなくなります。

 製品や商品が市場に出回ると模倣の危険性が生じますが、特許権を取得しておけば、こうした模倣から製品や商品を守ることができるようになるというメリットが得られます。

 逆に言えば、他人が特許権を取得すれば、特許発明を無断で実施することはできなくなり、無断で実施すれば特許権の侵害として、実施の差し止め、損害賠償、刑事罰などを受ける可能性があります。

 自社が特許出願することに興味があるか否かにかかわらず、企業活動を行う上で、他社の特許権に関して注意を払うことは避けることができません。 

 

 

 ⇒お役立ち情報 

 ⇒トップページへ