ごあいさつ

  

 シグマ国際特許事務所(東京都・日本橋)のパートナー弁理士の丹羽匡孝と申します。

 

 数あるホームページの中からシグマ国際特許事務所 弁理士 丹羽匡孝のホームページにご訪問いただきありがとうございます。

  

 特許権や商標権などの知的財産権は、技術、製品、商品、サービスを模倣から守り付加価値を高めるなど企業のリスクの最小化や機会の最大化のために重要な役割を果たすにもかかわらず、特許権や商標権を取得・維持するための費用の割にあまり効果がないという印象を持っている企業も多いのではないでしょうか?

 

 知的財産、特にその中でも権利として取得した知的財産権は、経営に大きく貢献するものなのですが、経営に貢献させるためには、特許権や商標権などの知的財産権の取得だけでなく、経営者や社員が知的財産に関する基礎知識を身につけて日常の企業活動の中に組み入れていく必要があります。

 

 また、特許権や商標権などの知的財産権の取得にあたっても、企業戦略に合った知的財産権の取得を図り、また、守るべき技術、製品、商品とその目的を明確にした上で、出願後の様々な状況を想定して出願書類を作成することが必要となります。

 

 しかし、大手企業でもない限りは、知的財産に関する専門家や専門部署を企業内に有しているところは少なく、またその余裕も少ないのが実情であると思います。

 

 このため、急激に知的財産への取り組みを本格化させ、特許権や商標権の所得のための出願を増やし、知的財産に関する専門部署の設置又は専門担当者の配置、知的財産に関する教育などを行うと、人員的にも資金的にも急に負担が大きくなる一方、特許権や商標権の取得による経営への効果は中長期的に表れるものなので、知的財産が経営に貢献しないと、知的財産への取り組みをやめてしまう企業も多くなっています。

 

 しかし、他社の特許権や商標権などを侵害して製品やサービスなどの供給の停止、損害賠償を求められたり、刑事罰を受けたりなどのリスクを考えれば、知的財産を無視することはできません。

 

 そこで、弁理士 丹羽匡孝は、お客様のパートナーとして、専門部署の役割を担うほか、出願後に必要となる手続などにおける丁寧な説明や知的財産に関する資料の無料提供などを通じて、中長期的に社内に知的財産に関する専門家を育成するサポートを行うようにしたり、特許や商標などの知的財産に関する動向を常にチェックしてお客様のご相談に的確に答えることがことができるようにしており、知的財産活動に対するお客様の負担が軽減され、知的財産の経営への貢献も得られやすくなると確信しております。

  

 特許権や商標権などでお悩みのことがあれば、弁理士 丹羽匡孝にぜひご相談ください。特許権や商標権などの専門家である弁理士がお客様の悩みをお聞きし、懇切、丁寧に対応いたします。

 

 また、特許や商標などの知的財産関係のみに限らず、お客様の様々なご相談に対応できるように、弁護士、税理士、行政書士などと幅広いネットワークを築き、信頼のおける専門家をご紹介できる体制を整えておりますので、お客様のよき相談役としても、弁理士 丹羽匡孝をご活用ください。
 

 ⇒特許事務所紹介へ 

 ⇒トップページへ