相談・コンサルティングの内容がもたらすメリット・利益

  

 特許権、実用新案権、意匠権、商標権などの知的財産権を取得する目的は、模倣を防ぐなとの保護により、製品、商品、サービスの付加価値を高めて収益の向上に役立てることでしょう。

  

 一方、商品や製品を保護する方法は、出願を行って特許権、実用新案権、意匠権、商標権などの知的財産権を取得することが常に適しているわけではなく、ときには秘匿してノウハウとして保護するなどの方法をとる方がよい場合もあります。また、その商品、製品、技術など、さらには経営戦略などによっても、特許権、実用新案権、意匠権、商標権のいずれ又はその組み合わせで保護することがよいかが変わります。したがって、出願前に、どのような保護方法をとるか?、どの権利で保護を図るか?などを判断する必要があります。

  

 さらに、出願をして特許権、実用新案権、意匠権、商標権などの知的財産権を取得する過程でも、出願・申請前の調査、出願・申請の対象の選定・特定、出願・申請、出願・申請に対する拒絶理由通知への対応(中間処理手続)、登録などの各段階で、判断や選択を行う必要があります。また、知的財産権を行使しようとするときにも、行使できるのか?、行使の手順や方法などについて判断や選択を行う必要があります。

  

 特許事務所や弁理士は、上のような各場面において実務の代理を行うだけでなく、各場面における判断や選択のサポートをおこなったり、判断や選択に必要となる適切な情報を提供することもできます。

 

 そして、各場面において、適切な選択や判断をすることこそが特許権、実用新案権、意匠権、商標権などの知的財産権を役立てることにつながります。

 

 しかし、出願の代理だけを行っていては、必要な情報を得ることができず、また、情報や機会を得られなければアドバイスをすることもできず、上記のような利益やメリットをお客様に提供できません。

 

 そこで、たんば特許事務所では、全ての場面において、適切な選択や判断をサポートするための相談・コンサルティングを重視しております。 したがって、ときには出願をしないことをお薦めすることもあります。

  

 特許や商標にお悩みがある方や特許権や商標権などを役立てたい方は、ぜひ、東京都・秋葉原のたんば特許事務所にご相談ください!

 

 経験豊富な弁理士が、特許や商標の出願前の相談や特許や商標の出願から登録まで丁寧にサポートすると共に、登録後の権利活用についてもアドバイスさせていただきます。

 

  

⇒ 料金の目安を知りたい方(料金(費用、報酬)の目安へ)

⇒ トップページへ

 

 

電話番号&営業時間

(お問合せ・ご相談は土日祝日や営業時間外でも対応します) 

お問合せ・ご相談